ラルクとは名ばかり
殆ど日常吐露ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ECCメンバーで集会 | main | 余命、3日 >>
妻として最後の日
ヒーラーの友人が明日、離婚届を提出してくるとかで、今朝
「独身最後の日♪」とメールが来た。
違うと思うよ!!!
明日から独身になるんでしょ!
まあそんな人です(笑)

仕事が終わってからケーキを持って彼女のサロンへ行って
妻最後の日を祝ってきたわけです。
あともう一人、友人も誘って。

夫がいる身では夜に出歩くなんてできなかったのですが
(今の若い人たちは違うかもしれないですね)
友人は夫と義父に出かけてくると言って
地下鉄で30分の距離を来てくれた。
彼女の夫は怪訝そうな顔をしたらしいけど、関係ないね!
こんなに簡単にできることにやっと気がついたわたしたち。


自分で自分に足かせはめていたんですね。
夫に聞いてみようともせず、自分で勝手に諦めていた・・・
やってみたら意外に簡単だった!
でもあの頃は、自分は自由に楽しんでいると思ってたんですよね。
本当に自由に気ままにやりたいことをやっていると思ってました。
でも全然違ったんです。
こーんな狭い中で「自由だ! 楽しい!」と遊んでいただけだった。
今ならそれがよくわかる。



わたしの夫は今もまだ中国に出張中で
メールだけは毎日のようにきます。
彼に対して信頼関係はもう殆ど持ち合わせていないので
メールを読んでも「そうですか」って感じです。
申し訳ない・・・などとは思いません。
それでも結婚生活を続けたいと言っているのは彼のほうですから、仕方ない。
どうして続けたいのだろう、理解できない。
楽だからかなあ。
離婚するとなったら膨大なエネルギーが要るからかなあ。
惰性でだらだら生きたいのかなあ。


「僕の愛は変わらない」
と何度も言うけれど、
その言葉はわたしにはもう響かないのが解らないのかなあ。
「きみの愛も変わらない?」と聞いてくれたら
もうわからないと伝えてあげられるのに。


わたしはわたしの人生を誰に気兼ねすることなく生きるだけです。
それだけです。

スポンサーサイト
妻最後の日・・・そのタイトルにどきってしました^^;
今かなりヨッパですが(ヲイ)そのお友達の勇気にカンパイです(カンパイはいろんな漢字で)

ワタシは相変わらずうだうだしてます。
自分の中で悶々としてます。
だからたまに爆発してどうしようもなくなります。
そんなことを繰り返して過ぎてく時間です。
もったいないと思いつつそんな感じです。

何言ってる川からいですね(アホ/笑)
mink | 2011/02/23 3:48 AM
こんにちはー、minkさん!
やっぱりですか、ドキッとしましたか。
この日だけアクセス数がとんでもないことになってまして(笑)
あっちゃー。
見に来て損こいたー! と思った人が大勢いたわけね(笑)


minkさんはご主人のことをどう思っているのか判らないけれど
もっともっと考えたら良いのだと思います。
って、わたしも同じなんですけどね。
このまま残りの人生を一緒にやっていくのか
そうではないのか・・・


それぞれの生きる位置が違ってくると
もう、会話が成り立たなくなる
そう友人は言ってます。
多分、見ている風景も感じる風も香りも
そばにいるのに違うものを感じているのだと思います。

こんな気持ちで彼の近くにいて良いのか
彼がそうしてくれていいと言うから良いのか。

きっとある日突然、確信が降って来る気がします。
それまでは悩みながら自分を生きようと思います。


>何言ってる川からいですね(アホ/笑)
どんだけヨッパなのかと(笑)
ほどほどにね〜!
Sara | 2011/02/25 11:58 AM
COMMENT